ニュージーランド留学 ワーキングホリデー留学 安心サポート

ビザ情報

ワーホリ ビザ イメージ画像NZへ留学目的で渡航するには3種類のビザがあります。あなたはどれに当てはまりますか?特徴、申請方法など各ビザの詳細はビザ名をクリックしてください。

ワーキングホリデービザ(ワーホリ)

1年間以内の長期でNZ滞在を考えている方。3ヶ月間以内まで学校に通い、あとはアルバイトや旅行もしたいという欲張りな方へ

→ ワーキングホリデービザの申請の手順

学生ビザ

3ヶ月以上のフルタイムの就学で英語やプラスアルファを身につけたい方

→ 学生ビザの申請の手順

観光ビザ(短期訪門ビザ)

3ヶ月以内の就学と観光を目的の方。(何もする必要ありません。事前取得はなしです。)

→ 観光ビザ(短期訪問ビザ)について

NZ現地での各種ビザと延長と変更について

ビザ延長 観光ビザ(短期訪問ビザ)の延長申請
    <最初のビザなし期間を合わせ最長9ヶ月まで>
学生ビザの延長申請 (就学を延長する場合)
ワーホリの延長申請 (3ヶ月まで。条件付)
ビザ変更 観光ビザ(短期訪問ビザ)、ワーキングホリデービザから → 学生ビザへの変更申請
備考)観光ビザで3ヶ月以上、ワーキングホリデービザで6ヶ月以上学校に通いたい方は学生ビザへ変更申請できます。
観光ビザ(短期訪問ビザ)、学生ビザから → ワーキングホリデービザへの変更申請
備考)以前は不可でしたができるようになりました。ワーキングホリデービザは以前は日本のみの申請でしたが、オンラインの申請も今はできます。日本人は、オンライン申請に合わせ、世界中どこにいても申請可能になりました。NZ国内でも申請可能(料金がかかります)。NZ移民局やビザ発行機能のあるNZ大使館がある国ではワーホリの申請が可能です。
学生ビザ → 観光ビザ(短期訪問ビザ) への変更申請
備考)学生ビザでの修学が終了した後、学生ビザの有効期限よりももう少しゆっくりと観光で滞在したいという場合は訪問者ビザを現地NZ移民局で申請してください。
ワーキングホリデービザ → 観光ビザ(短期訪問ビザ)への変更申請
ただし、ワーキングホリデービザでNZに滞在した期間と同じ期間をNZ出国後に経過してからでないと、訪問者ビザの申請はできません。無査証の範囲内の短期間の旅行で、日程も確定していて、帰国してからある程度の期間をあけてから行かれる場合には、通常の入国条件を満たしていれば特に問題ないと思われますが、無査証の場合の入国は、空港の入国担当官の判断にすべて任されていますので、確実なことは私どもではお答えできません。

*注:ビザ延長・変更承認につきましては、ニュージーランドの入国管理上の判断になりますので延長許可や変更は場合によっては却下される事があることをご理解ください。

*上記情報はNZの大使館のビザ情報を参考にしています。ビザに関する情報は突然変更になる事があります。最新の情報はニュージーランドビザ申請センター(VFS.GLOBAL) をご参照願います。