ニュージーランド 高校留学/語学留学/ワーキングホリデー留学を無料お手続き!

ニュージーランド留学でよくあるご質問【Q&A】

質問のカテゴリーを選んでいただくとそちらへ移動します。このままスクロールして見て頂くこともできます。

質問のカテゴリー

ニュージーランド留学Q&A

日本出発前

どのような服を日本から持っていったらいいですか?

夏(12月-2月ごろ)は、昼間はTシャツでいいですが、夕方から朝晩は冷えるときがあるので、羽織るものが必要です。 

冬(6-9月)はかなり冷え込みますので、冬の日本と同じような服装になります。春(10-11月)は10月はまだまだ寒いので、日本の春先3-4月ごろの服装を、11月は日本の3-4月ころの服装が適当かと思われます。

秋(3-5月)は初めはマイルドな日も多いですがだんだんと4-5月は急に冷え込む日も多くなり寒いのでトレーナーやセーターは常備するとベターです。

英語以外にも何かを取得したいのですが。

EduKIWIニュージーランド留学センターでは英語+アルファコース、専門留学コースをご紹介しています。

スキー/スノーボードやスキューバダイビング、アートやコンピューターグラフィック、英語教師育成コースなど、英語だけでなく、他の分野の知識や技術が身に付きます。他には、地域のコミュニティスクールといい、NZの地元の人のために、高校などの教室を夜間開放して、料理やダンス、コンピューターなどたくさんのコースを安価に教えていますので、英語の勉強にも役立つので、是非参加してみてはいかがでしょうか。

日本にEduKIWIニュージーランド留学センターの窓口はありますか?

日本には当社窓口はありませんが、現地ニュージーランドにオフィスがあります。当ホームページの「なぜ無料で語学学校の入学手続きができるの??」の欄にも説明がありますが、お客様により割安な料金を提供するために、余計な経費を価格に上乗せしないようにしているからです。

日本でオフィスを持つだけで、お客様にその高額な維持費用を転嫁しなくてはならなくなり、結果的に高額なサービスしか提供できなくなってしまうからです。できるだけ、お客様にリーズナブルな料金でサービスを提供するためなので、それによるご不便が生じているとすれば、ご理解いただけると非常にありがたいです。

渡航中

NZへ持ち込みできないものはありますか?

たくさんありますが、一番身近で、意外と思うものが食料です。特に生ものは税関で没収される可能性が高いです。

既製品を完全に開封せずに、中身が乾燥しているものならば没収されない可能性もあります。どのものが没収され、どのものが没収されるないかは、空港の検疫の検査官の判断に任されるので、ここでははっきりと申し上げられません。

また食料に限らず、税関に申告していないものが荷物の中身から見つかると、申告漏れで高額な罰金が取られますので、申告すべきものは必ず申告してください。

NZの税関のページから無税でNZ国内へ持ち込める範囲が品種別に書いてありますので、参考にしてください。それを超過した場合、税関で追加の関税が徴収されます。一例ではワインは4.5リッターまで関税なしで持ち込みできます。

NZ滞在中

生活費はどのくらいですか?

ホームステイをしている人は、平日朝夕食が付くので、バス代が1日4-5ドル、ランチはサンドイッチやファーストフードで7-12ドル(レストランで食べれば15-20ドルはかかります。)として、最低1日11-17ドルはかかります。

フラットにした人は家賃が週$80 -150ドルで、光熱費は家賃に含まれる場合と含まれない場合があります。電気代は夏場は3-4人でシェアした場合で、夏場は一人当たり月30-40ドル前後、冬場は電気の暖房を使えば月50-60ドル前後になることもあります。

フラットでは自炊をすれば食費はかなり浮きます。3食全て外食では週150ドルくらいは最低必要でしょうが、スーパーでまとめ買いして自炊すれば、週60-80ドルくらいで過ごせます。ですので3-4人でのフラットで自炊であれば、交際費、おこずかい抜きで、真ん中を取って、週250ドル前後(20000円程度)あれば生活できます。月全て込みで、10万円あれば過ごせるとおもいます。

バイトはありますか?

クライストチャーチやオークランドなど、大きな街ではアルバイトはあります。まずその前にアルバイトができるのは原則的にワーキングホリデービザや労働ビザを持っている方のみです。(最近は一定の条件で、学生ビザで語学学校に通うかたにも労働が許可されました。)。

観光ビザでNZに来られた方や、一定の基準をみたさない学生ビザの学生の方は、アルバイトはできません。

アルバイト探しは、語学学校や日本の現地留学エージェントの掲示板、またはNZ国内の日本語雑誌や新聞の求人欄をみて、掲載されている広告から申込むのが一般的です。日本人の友達がいる方は口コミも大きな情報源。日本食レストラン、おみやげ物ショップなどは一番ポピュラーなアルバイト先です。

アルバイトするには、事前にIRDナンバーという納税ナンバーを必ず取得する必要があります。EduKIWIサポートサービスに加入いただけますとIRDナンバー取得は無料でサポートさせていただいております。

ホームステイのキャンセルについて

ホームステイのキャンセル規定は語学学校により違います。大体の学校が、キャンセルする場合には、何週間前に学校とホームステイ先に伝えなければならない等の取り決めがあります。詳細については、語学学校情報ページより各学校のページのホームステイのキャンセル規定をご参照ください。

ビザについて

ビザの現地での延長や変更について教えてください。

ビザのNZ国内での延長や変更についてはビザページの表をご参照くださいね。

学生ビザの有効期限が切れた後、3ヶ月はビザなしで滞在できるのですか?

以下在日NZ大使館HPより「学生ビザがきれた後、1日でもビザなしで滞在すれば不法滞在になります。

外国にいるわけですから、なにかしらの滞在許可を得ないと滞在できないのだということを認識してください。学生ビザでの修学が終了した後、学生ビザの有効期限よりももう少しゆっくりと観光で滞在したいという場合は訪問者ビザを、また別の学校での修学を続けたいという方は学生ビザを、必ずお持ちのビザの有効期限が切れる前に現地NZ Immigration Serviceで申請してください。

学校の延長をしていただくときは、無料で当社がサポートします。詳しくは在日NZ大使館日本語ページをご参照願います。またはこの当ウェブサイトのビザページからご参照ください。

学生ビザでアルバイトができますか?

2005年7月からフルタイムで語学学校に通う生徒も一定の条件で一定の時間働けるようになりました。このような条件は急に変更になることがありますので、詳しくは在日NZ大使館日本語ページをご参照願います。当社学生ビザのページにも最新情報を掲載しているので、ご参考にしてください。